仕事辞めたい会社辞めたい方、今すぐ就職・転職したいすべての人と、ITWEBエンジニア・保育士・介護士・薬剤師・看護師のための無料就業支援サービスサイト情報一覧です

保育士の就職・転職支援サービスサイト一覧

長く勤められる良い職場を

現在、保育士の求人は多いほうですが、多くの求人があるからこそ、より良い職場を自分で探すのは一苦労です。
その情報だけで自分にとっての良い職場を見つけなければならないのですが、職場の本当の雰囲気や状況まではそこから読み取れません。

しかし、下記サービスに登録すれば、代わりに探してもらえ、面接の調整までしてもらえます。
しかも、一般には公開されない好条件の非公開求人も紹介してもらえますし、その職場の雰囲気なども教えてくれたりします。

下記はすべて無料なので、良い職場、新しい居場所がすぐ見つかる確率が高くなるよう、下記の簡単登録ワザを使って複数の就職・転職支援サービスに登録してみてください。

icon-edit 簡単登録ワザ

  1. 利用したいサイトのすべての登録ページを開いておく
  2. 各社入力内容はほぼ同じなので、必要な入力内容をチェックし、メモ帳やワープロソフトなどで入力精査する
  3. 各ページに「コピペ」する

ここから就職・就職支援サービスのご紹介です。

【保育バランス】事業所内保育所への転職支援サービス
(東京・神奈川・千葉・埼玉の方向け)

保育バランス事業所内保育所(病院・企業)専門の転職支援サービスです。
事業所内保育所は大規模な行事がほとんどなく、保護者が敷地内にいるためお迎えが遅くなることが少なく、結果、保育士の残業が比較的少ないのが特徴です。
お休みも企業と同じ土日というところが多く、プライベートとのバランスがとりやすいため人気の就業場所です。

保育バランスでは、コーディネーターが電話などで親身になって一人一人の状況や魅力を理解し、最適な職場を紹介してくれるので、ミスマッチが少ないそうです。
もちろん個人情報は厳密に保護されているので安心。一人の就活よりも効率的に活動できます。

常時300~350件程度の事業所内保育所の求人を持っています。


保育エイド
人間関係で悩みたくない保育士さんのための転職支援サービス

↓無料登録はこちら↓

(東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県の方向け)

人間関係で悩まない保育園への転職をサポートしてくれます。

求人サイトではわからない職場の雰囲気などを把握し、人間関係の良い職場を厳選して紹介してくれます。

丁寧なヒアリングののち、職場見学ができるという転職支援サービス体制。
待遇などの条件交渉もコーディネーターが代わってしてくれます。
採用後のフォローもあるので、安心です。

子ども・子育て支援新制度

政府は待機児童問題に対し、「子ども・子育て支援新制度」を導入しました。

その内容は

  1. 幼稚園と保育園のよいところをひとつにした「認定こども園」の普及
  2. 保育の場を増やし、待機児童を減らして子育てしやすい働きやすい社会をつくる
  3. 幼児期の学校教育や保育、地域の様々な子育て支援の量の拡充や質の向上を進る
  4. 子どもが減ってきている地域の子育てもしっかり支援

となっています。

保育士にとっては雇用が増えるということですね。

ひとつ疑問は、この予算は消費税10%に上げた分から出すということでした。
現在、どこからその予算が来ているのか、予算は縮小されたのか、というところはちょっと不明です。

しかし、この取り組みは始まってはいるようです。

女性が生きやすい社会に

女性が働きやすい社会を作るためには、社会復帰の不安なく子供を産めるよう、また子供を安心して預けられるような場所が必要です。
特に不足しているのは3歳以下の幼児の受け皿ということです。

政府が本腰をいれています。
少しずつですが、保育施設も整えられています。

保育士にとっての就職は今が追い風です。

人材確保に苦慮する保育園

保育士を募集、採用するうえで何らかのむずかしさを感じている保育園は全体の8割を超えているそうです。

それは「求人を出しても応募がない」という保育士のなり手不足が一番の理由とのこと。

保育士を確保するため、保育園は賃金を見直したり休暇を確保したりと労働条件の改善に現在努力し始めています。

保育士の待遇

もともと保育士という職業は、低賃金、重労働、休みの少なさなどが際立ち、仕事自体のやりがいを充分理解していたとしても、実際問題、なり手が少ないというのが現状でした。
それは保育士有資格者であってもです。

しかし、今の保育士不足の状態は、未経験だとしても保育士有資格者にとって、追い風となっています。

本来、やりがいのある保育士という仕事に、労働条件・待遇面で不満がなくなれば、未来を担う子供たちのために働きはじめる今が好機なのだと思います。

多くの求人の中から、一番自分に合った長く勤められる職場を見つけられるよう応援しています。

スポンサードリンク

PAGETOP